RSS
 

[送料無料] Accuphase アキュフェーズ C-2120 ステレオ・コントロールセンター 販売価格はお問い合わせください。

アキュフェーズは、春日仲一・二郎兄弟が、トリオ(株):現・(株)JVC ケンウッドを退社して 1972 年に創業、妥協を余儀なくされる大量生産ではなく、市場は小さくても、音にこだわり、自分たちの理想とするオーディオ機器を創りたいという思想を共有する同志が集まり、その設計・生産・販売・サービスを可能とする、孤高のオーディオ専門メーカーを目指して創立されました。
最初の社名:ケンソニック株式会社、製品のブランド名:アキュフェーズ、Accuphase でスタートし、創業 10 周年目の 1982 年から『アキュフェーズ株式会社』に統一されました。Accuphase のアキュ(Accu)は Accurate《正確な、的確な》から、フェーズはオーディオ技術に重要な phase《位相》の 2 語を合わせて、オーディオの奥義を極めたい…そんな意思を表す造語。
一貫した企業ポリシーを貫き、高度な技術に裏打ちされた付加価値の高い製品を創り、その一つ一つが独創性と高い信頼性を保ち、歴史に残る数々の銘機が生み出されてきました。



STEREO CONTROL CENTER

[送料無料] Accuphase アキュフェーズ C-2120 ステレオ・コントロールセンター 販売価格はお問い合わせください。

標準価格:
507,600円(税込)
価格:

470,000円 (税込 507,600円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

新世代を担う音質と拡張性  高音質・高性能な音量調整を誇る《AAVA方式ボリューム・コントロール》搭載。AAVAなどのユニット・アンプ群、電源部は左右独立構成。プリアンプ全体のゲイン選択や入力ポジションごとに位相の設定・記憶が可能。音量レベルをディスプレイに数値表示。オプションのディジタル入力ボードに対応する入力セレクターを装備し、サンプリング周波数を表示。
フォノイコライザー・ボードによりアナログディスクの高音質再生が可能。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

●高性能・高音質『AAVA方式ボリューム・コントロール』搭載
●左右独立の電源トランス
●プリアンプのゲイン選択可能
●ユニット・アンプ化した各増幅回路をボード上で左右分離
●ロジック・リレーコントロール回路による最短の信号系路
●入力ポジションごとに位相の設定が可能
●音質重視のトーン・コントロール回路
●オプション・ボードを増設して、ディジタル入力での演奏やアナログ・レコードの再生可能
●最大外形寸法 幅 465mm × 高さ 150mm × 奥行 405mm
●質量 16.8kg

ページトップへ