RSS
 

DS Audio DS-W2 光カートリッジ

◆DS Audio とは?

DS Audioとは株式会社デジタルストリーム が立ち上げたオーディオブランドです。 株式会社デジタルストリーム とは1988年創業の光学技術専門開発会社であり、創業当初はディスク評価用ピックアップの開発、製造会社としてスタートしました。ディスク評価用ピックアップという言葉は聞きなれない言葉だとは思いますが、製造されたDVDやBlurayなどのディスクが正確に作られているのかチェックするための評価用読み取りピックアップのことです。 すなわち弊社の製造したピックアップで読み取れなかったディスクは不良品であると定義されるものであり、通常のDVDプレーヤーやBDプレーヤーに搭載されているピックアップとは比較にならないほどの精度が要求されるものです。 なおデジタルストリームのピックアップはDVD,Blurayともにディスク評価用ピックアップの業界標準となっております。

デジタルストリームはディスク検査用ピックアップの製造、開発会社としてスタートしたのですが、ディスク検査用ピックアップの開発で培った光学技術を用いて様々な光学製品の製造、開発を行ってきました。例えばデジタルストリームはMicrosoft社と20年以上の取引があり、よく知られている製品としては皆様の今使っている光学式マウスは1999年にMicrosoft社とデジタルストリームが世界で初めて開発を行ったものです。

その他にもデジタルストリームはMicrosoftと共にジョイスティックの開発やサイドワインダーの開発等々様々な製品を生み出してきました。<このような功績が認められデジタルストリームはMicrosoft社から「Outstanding Engineering Excellence(比類なき技術)」と表彰されております。

◆光カートリッジとは

光カートリッジとはDS Audioが世界で唯一販売する光電式カートリッジのことです。
従来のMM、MC型のカートリッジ磁石とコイルを用いて針の動きを検出するのに対し,光カートリッジは針の動きを光の変化として捉え出力します。
光電式カートリッジは今から40年程前に東芝、トリオなどの会社が販売しておりましたが当時の技術では製造難度が高すぎたために早々に販売を終了してしまいました。
しかし当時から光電式カートリッジの音質への評価は高く、今や伝説の銘機となっています。 過去の技術では超えられなかった課題を現代の技術により克服し、より進化した形の光電式カートリッジとして生まれ変わったものがDSAudioの光カートリッジであり2014年アナロググランプリ特別賞を受賞しております。

1,MM型、MC型カートリッジと光カートリッジの違いとは?

?磁気からの解放による情報の高鮮度化

針の動きを光で検出する光カートリッジの最大の特徴の一つはMM,MC型と異なり磁界の影響を受けないということです。従来のMM,MC型カートリッジは針についたマグネット(もしくはコイル)が磁界の中を振動することで発電します。これは電磁誘導の原理を応用したものであり簡単に示すと右の図のようなものとなります。この方式の欠点は動いた方向と逆の方向に力が発生してしまうということにあります。(レンツの法則)すなわちレコード再生時にレコードの波の動きとは逆方向の力がマグネット(もしくはコイル)に発生しているということです。 この現象は電磁誘導の原理を利用して音を取り出す以上避けられない現象でありMM,MC型カートリッジの問題であると考えています。 しかし光カートリッジは針の動きを光で検出するためこのような磁界の影響を全く受けないため、ラッカー盤を聴くような高鮮度な出力が可能になりました。

?振幅比例型発電機構による信号処理プロセスの簡略化。高S/N比の実現

従来のMM/MC型カートリッジの出力電圧は、磁界の変化の速度に比例するため速度比例型発電機構といわれています。 速度比例型発電機構は、同じ振幅で情報が刻まれていた場合に低い周波数では出力電圧が低く高い周波数では出力電圧が高くなってしまいます。そのため正しい情報として出力するためにはイコライザーで大きく修正をしなければなりません。 しかし振幅比例型発電機構である光カートリッジでは、同じ振幅で刻まれた情報は低い周波数でも高い周波数でも同じ出力で取り出されるためイコライザーによる修正がほとんど必要とされません。 そのため光カートリッジは、MM/MC型のような速度比例型発電機構を持つカートリッジに比べ信号処理のプロセスが大幅に省略され鮮度の高いナチュラルな情報を取り出すことができるのです。

2,完全なるアナログサウンド

光カートリッジという名前を初めて聞かれる方の中には「光=デジタル」といったイメージをお持ちになる方もいるかと思います。 しかし光カートリッジはレコードに刻まれた信号を一切デジタル処理をすることなくそのまま出力します。(D/A変換、A/D変換はありません。) 針の動きを磁石とコイルで検出するか、光で検出するかという検出方法の違いだけであり両者共にアナログサウンドであるという点は共通です。

3,光学専門会社だから成し得た光カートリッジ

DS Audioは株式会社DigitalStreamが立ち上げたオーディオブランドです。 株式会社DigitalStreamは創業以来25年間一貫して光学関連機器の開発を行ってきました。創業以来25年間培ってきた光学技術があったからこそ光カートリッジの開発が可能になりました。

DS Audio DS-W2 光カートリッジ

標準価格:
432,000円(税込)
価格:

400,000円 (税込 432,000円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

商品説明

◆スリットを針先の近くに配置し、かつワイヤーサスペンション機構を搭載

DS-W2カートリッジではDS Master1, DS002カートリッジと同様に針先の近くに遮光スリットを配置し、かつカンチレバーの保持にワイヤーサスペンション機構を搭載することで、鮮度が高く、かつ安定した音楽再生を可能にしました。

◆ボロンカンチレバーにマイクロリッジ針を使用

DS-W2カートリッジでは、ボロンカンチレバーにマイクロリッジ針を採用。(DS-W1はボロンカンチレバーにシバタ針の組み合わせ)また、LED表示部分には山梨県で手作りしで製造している「天然ローズクォーツ」を使用する贅沢な作り。

◆ドイツの大手オーディオ専門誌2誌で世界一のカートリッジと評価を得たDS-W1の後継機種

DS-W1がドイツの大手オーディオ専門誌Stereo誌とAUDIO誌から、創刊以来歴代最高評価を獲得し、世界一のカートリッジと評価されたことは、光カートリッジが世界的に広がる大きなきっかけとなった。この世界一のカートリッジと評価されたDS Audioの代表的モデルであったDS-W1を生産完了品とする程DS-W2の完成度は高く、自信を持ってお勧めできる製品です。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

発電方式:光電型
出力電圧:500mV以上(イコライザー出力)
針圧:1.6g〜1.8g(適正1.7g)
チャンネルセパレーション:25db以上(1kHz)
カンチレバー:ボロン
針先:マイクロリッジ針
質量:8.1g
ボディ材:アルミ削り出し

ページトップへ