RSS
 

Dynaudio ディナウディオ Confidence 20 スピーカーシステム 専用スタンドセット ペア

■Dynaudio History

1977年に設立されたディナウディオは、独自のクロスオーバーを使いながらも初めはOEMユニットを使用していました。共同設立者の一人であり現在のオーナーであるヴィルフリート・エーレンホルツによれば、本当に優れたスピーカーを作る唯一の方法は独自の自社製のドライバー・ユニットを開発することだということが技術的な背景からわかっていたといいます。

“OEMユニットを使っていると、その開発レベルにつねに依存していなければなりません。けれども彼らには供給されるユニットよりもはるかに先を行くアイデアを持っていましたし、市場のクオリティ・エンドを見詰めてゆくというのがつねに彼らの姿勢でもあったのです。設立以来3年の間にディナウディオの製品は、すべて社内のR&Dチームによって開発された自社製のユニットになりました”。

この時点でディナウディオは他のスピーカー・メーカーに対してもユニットの供給を始めます。エーレンホルツは言います。“スピーカー・メーカーはたくさんありますが、ユニットが供給できるところはわずかですし、クオリティ・エンドとなるとさらに数えるほどしかありません。その意味でユニットを作るようになったということは大きな成功だったといえます”。

エーレンホルツは、スピーカーの心臓はドライバー・ユニットであるという不動の信念を持っています。“ユニットはディナウディオが成功を収めた鍵なのです。低歪率でダイナミック・レンジが広くパワー・ハンドリングに優れた高性能なユニットだったからです。彼らには先進的な技術がありましたから、初めからクオリティを拡大しまたそのことを強調し続けてきました。もちろんクオリティは安くはつきませんから、ユーザーにはトップ・クラスのテクノロジーに予算を費やすかもっと安くて性能の劣るものを選ぶかという選択を迫ることになります。ディナウディオではつねに妥協というものの余地はないと考えてきましたし、ディナウディオの名がトップ・クオリティを持たない製品と同列に並べられることを許しません”。

ディナウディオの製造部門はデンマークのスカンデルボルグにあり、ここで生産とR&Dの両方が行われています。また世界のセールスやマーケティング、輸出などはドイツのハンブルクが指揮を取っています。ドライバー・ユニットは最近拡張された工場の研究室レベルの環境下で製造されていますが、ハイクオリティ・キャビネットの製造は全てドライバー部門とは別の専用の木工場で行われます。

工場ではまた、品質コントロールに膨大な比重がかけられています。各ユニットは素材から完成品にいたるまで厳重な検査を受けます。品質コントロールを可能なかぎり高度なレベルに維持するため、ディナウディオでは最高級の素材だけを使用し、また外部からのパーツを使うことはほとんどありません。エーレンホルツは言います。“クオリティを改善する唯一の方法はディテールに集中することだと我々は信じています。クロスオーバーの後ろのレイアウトでさえ音質にとって重要なのですから、妥協を避けるために自分達にできるだけのことはするのです”。

■Dynaudio ホームラウドスピーカーシステム

有機的サウンド-完璧なまでに自然、リアル、そしてダイナミック:高音は鋭すぎず低音は割れることなく「響き」の正確なバランスによりDynaudioモデルはほかでは味わうことができない音楽体験をお届けします。

ジャズ、ポップ、ロック、クラシック、もしくは最新映画のサラウンド音響効果までジャンルを問いません。そして音源がCD、DVD、インターネットラジオであろうとレコードであろうと関係ありません。

自然なバランスでの音の再現性はただ単に「音を聞く」から「音楽を体全体で感じて経験する」ことを可能にしました。Dynaudioのラウドスピーカーで「音」は息を吹き返します。このレベルに到達するまでには長年のDynaudio独自の技術開発の経験が必要であり、その歴史こそが他のラウドスピーカーとは一線を画す所以なのです。

Dynaudioモデルはこの高い技術力だけではありません。厳選された木材や塗料など、何十年も長持ちするキャビネット製作にも長年研究を重ねてきました。

Dynaudio ディナウディオ Confidence 20 スピーカーシステム 専用スタンドセット ペア

標準価格:
1,540,000円(税込)
価格:

1,400,000円 (税込 1,540,000円)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

商品説明

コンパクトなConfidence 20は、このシリーズの大型スピーカーのパフォーマンス、情熱、パワーを取り入れ、スタンドに設置します。

私たちは、以前の自信のスピーカーの範囲をどのように改善できるかを長年見てきました。そして、設計ラボでの数え切れないほどの時間の後、最先端のジュピター測定施設、モデリングおよびシミュレーションスイート、そしてもちろんリスニングルームが完成しました。

他の製品同様、Confidence 20はまったく新しい28mm Esotar3ソフトドームツイーターに加えて、新しい18cm NeoTec MSPウーファーと革新的なダウンファイアベースバスポートを備えています。そのドライバーは、気流技術の最先端の開発を特徴としています(トゥイーターのはるかに大きいリアチャンバーと最適化された通気、さらに新しい共振安定化ヘキシスインナードームを含む)。シミュレーション由来のダイアフラムの厚さ; 超強力ネオジム磁石; 新しいCompexフロントバッフル。

新しい28mm Esotar3ソフトドームツイーターは、40年以上のDynaudioの専門知識に加えて、受賞歴のあるEsotar Fortyユニットからの多くの新しい学習を取り入れ、これまでに作成した最高のツイーターにすべてを統合します。強力なネオジム磁石システム、エアフロールーティングの革新、新しい共鳴破壊Hexisインナードーム…すべてが組み合わされて、細部、明瞭さ、感度が向上します。

新しい18cm NeoTec MSPウーファーはまた、ボンネットの下にネオジムがあり、最適な剛性を得るためにボイスコイルフォーマーにグラスファイバーを使用しています。ボイスコイル自体はアルミニウムであるため、洗練されたミッドレンジだけでなく、強力で制御された低音に理想的な重量(または視点によっては明るさ)を使用できます。また、ウーファーモーター全体は、磁石に直接機械加工された革新的な新しい通気システムを使用して空気流を利用するように設計されています。

デンマークで設計および設計
Dynaudio LabsのJupiter測定施設で徹底的かつ徹底的なテストを行い、自信をつけています。何百時間もの分析とリスニングにより、これまでにない最高のスピーカーが生まれました。

最新のEsotar3トゥイーター
伝説は続く。まったく新しいEsotar3は、ディテール、フィネス、パフォーマンスが最適化されています。独創的なHexisの共鳴を打ち消す内側のドームに加えて、材料、気流などの革新が含まれています。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

感度:87dB(2.83V / 1m)
IEC電力処理:250W
インピーダンス:6Ω(最小5Ω@ 155Hz)
周波数応答(±3 dB):42Hz~22kHz
ボックスの原理:バスリフレックスダウンファイアリングポート
クロスオーバー:2ウェイ
クロスオーバー周波数:2325Hz
クロスオーバートポロジ:二次
ウーファー: 18cm MSP
ミッドレンジ:-
ツイーター: 28 mm Esotar3
重量:15.2 kg
スタンドを含む重量:27 kg
寸法(幅x高さx奥行き):223 x 520 x 414 mm
グリル付きの寸法(幅x高さx奥行き):223 x 520 x 444 mm
スタンドを含む寸法:368 x 1134 x 458 mm

ページトップへ