RSS
 

Dynaudio ディナウディオ Contour 60 スピーカーシステム ペア 販売価格はお問い合わせください

■Dynaudio History

1977年に設立されたディナウディオは、独自のクロスオーバーを使いながらも初めはOEMユニットを使用していました。共同設立者の一人であり現在のオーナーであるヴィルフリート・エーレンホルツによれば、本当に優れたスピーカーを作る唯一の方法は独自の自社製のドライバー・ユニットを開発することだということが技術的な背景からわかっていたといいます。

“OEMユニットを使っていると、その開発レベルにつねに依存していなければなりません。けれども彼らには供給されるユニットよりもはるかに先を行くアイデアを持っていましたし、市場のクオリティ・エンドを見詰めてゆくというのがつねに彼らの姿勢でもあったのです。設立以来3年の間にディナウディオの製品は、すべて社内のR&Dチームによって開発された自社製のユニットになりました”。

この時点でディナウディオは他のスピーカー・メーカーに対してもユニットの供給を始めます。エーレンホルツは言います。“スピーカー・メーカーはたくさんありますが、ユニットが供給できるところはわずかですし、クオリティ・エンドとなるとさらに数えるほどしかありません。その意味でユニットを作るようになったということは大きな成功だったといえます”。

エーレンホルツは、スピーカーの心臓はドライバー・ユニットであるという不動の信念を持っています。“ユニットはディナウディオが成功を収めた鍵なのです。低歪率でダイナミック・レンジが広くパワー・ハンドリングに優れた高性能なユニットだったからです。彼らには先進的な技術がありましたから、初めからクオリティを拡大しまたそのことを強調し続けてきました。もちろんクオリティは安くはつきませんから、ユーザーにはトップ・クラスのテクノロジーに予算を費やすかもっと安くて性能の劣るものを選ぶかという選択を迫ることになります。ディナウディオではつねに妥協というものの余地はないと考えてきましたし、ディナウディオの名がトップ・クオリティを持たない製品と同列に並べられることを許しません”。

ディナウディオの製造部門はデンマークのスカンデルボルグにあり、ここで生産とR&Dの両方が行われています。また世界のセールスやマーケティング、輸出などはドイツのハンブルクが指揮を取っています。ドライバー・ユニットは最近拡張された工場の研究室レベルの環境下で製造されていますが、ハイクオリティ・キャビネットの製造は全てドライバー部門とは別の専用の木工場で行われます。

工場ではまた、品質コントロールに膨大な比重がかけられています。各ユニットは素材から完成品にいたるまで厳重な検査を受けます。品質コントロールを可能なかぎり高度なレベルに維持するため、ディナウディオでは最高級の素材だけを使用し、また外部からのパーツを使うことはほとんどありません。エーレンホルツは言います。“クオリティを改善する唯一の方法はディテールに集中することだと我々は信じています。クロスオーバーの後ろのレイアウトでさえ音質にとって重要なのですから、妥協を避けるために自分達にできるだけのことはするのです”。

■Dynaudio ホームラウドスピーカーシステム

有機的サウンド−完璧なまでに自然、リアル、そしてダイナミック:高音は鋭すぎず低音は割れることなく「響き」の正確なバランスによりDynaudioモデルはほかでは味わうことができない音楽体験をお届けします。

ジャズ、ポップ、ロック、クラシック、もしくは最新映画のサラウンド音響効果までジャンルを問いません。そして音源がCD、DVD、インターネットラジオであろうとレコードであろうと関係ありません。

自然なバランスでの音の再現性はただ単に「音を聞く」から「音楽を体全体で感じて経験する」ことを可能にしました。Dynaudioのラウドスピーカーで「音」は息を吹き返します。このレベルに到達するまでには長年のDynaudio独自の技術開発の経験が必要であり、その歴史こそが他のラウドスピーカーとは一線を画す所以なのです。

Dynaudioモデルはこの高い技術力だけではありません。厳選された木材や塗料など、何十年も長持ちするキャビネット製作にも長年研究を重ねてきました。

Dynaudio ディナウディオ Contour 60 スピーカーシステム ペア 販売価格はお問い合わせください

標準価格:
1,404,000円(税込) 1,684,800円(税込)
価格:

1,300,000円 (税込 1,404,000円) 1,560,000円 (税込 1,684,800円)

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

商品説明

■広い部屋には大型のスピーカーが必要
この要求を満たしてくれるのがスマートでエレガントなデザインの全く新しいContour 60です―明快なミッドレンジ・サウンド再生と重低音での堂々とした低域演奏が特徴です。 これは3ウェイ・デザインです。ボトムには最新型の24cm MSP製ウーファー(Contour 20、30で採用した18cmドライバーを再設計した、より大型の兄弟機)2台を装着、トップには新Contourレンジの他のすべてのスピーカーと同じく壮麗なEsotar² ソフトドーム・トゥイーターを搭載しています。

これらの中間に最新型の15cmミッドレンジ ドライバーを搭載、Dynaudio社の他のドライバーと同じくアルミニウム製ボイスコイルを使用しています。ネオジウム磁気システムも配置、有限要素法による最適化技法を使用して設計しました。本来設計目的とされていない役割のために既存のドライバーを転用することなく、大型キャビネット内でのあのシグネチャー(特徴ある)ミッドレンジ・サウンドをContour 60に保持させたいと考えたからです。 すべてのドライバーは低質量、高耐久性のアルミニウム製ボイスコイルによって作動します。またトゥイーターのボイスコイルは専用の磁性フェロフル—ド(流体鉄)中に位置しています。これはショックアブソーバー的な役割を果たしており、熱を放散して可動部品に対する応力を減少させます―若干の利点を挙げれば、これで耐入力が改善され、周波数特性が拡張します。 Contour 60は、レンジの他スピーカーと同一の新設計によるクロスオーバーとコンポーネントを共有しています。また言うまでもなく家具と同様のグレードの構造と仕上げを有しています(当社のチームは、ペアとしての同一性を保証するため最長3週間をかけて、両スピーカーの曲線状成形、サンド・ペーパー研磨、ポリシングを施しています) 。

多層曲線状の新キャビネットと流麗ながら頑丈なアルミニウム製バッフルが音楽に対する強靭で明確な音響の基盤となっています。 このように誠実な仕事ぶりですから、我々が役割をしっかり果たせば、皆さんはこのチームがいたことすら忘れて、ひたすらリスニングに没頭できるでしょう。

・Esotar²
新開発のContour はウルトラ・ピュアでウルトラクリアーな Esotar²ファブリック・ソフト・ドーム・トゥイーターを使用しています。Dynaudioのもっとも洗練されたトゥイーターであり、世界最高のドライバーのひとつとして広く評価されています。

・新延長エキスカ―ション・ウーファー
新テクノロジーを満載した新開発の一体型延長エキスカ―ション・ウーファー。他のいずれのスピーカーにもこのタイプは見当たらないでしょう。どこにも。

・クロスオーバー
クロスオーバー全体を新たに設計、ウルトラ・ハイ・クオリティのMundorf 製キャパシター及び全く新しい巻き線構成の採用により低域が大幅に改善

・カーブド・キャビネット
全く新しいエレガントで流麗な外観のキャビネットはドライバーの性能発揮のための頑丈な基盤

■特徴
構想, 設計, エンジニアリングを全面的に一新した新たなContour
・ドライバー
新しい15cmミッドレンジと18cm 延長エキスカ―ション・ウーファーで明快なミッドレンジと重低音での堂々とした低域の演奏を実現
・ボイスコイル
巻き線の高さを84% 延長したアルミニウム製大径ボイスコイル
・スパイダー
非対称形新スパイダーでシステムの対称形増強
・トゥイーター
極めて清浄な高域周波数再生で世界的に名高いEsotar² ソフトドーム・トゥイーター
・クロスオーバー
高品質のMundorf 製キャパシター及び新たな巻き線構成
・キャビネット
頑丈な基盤のためのカーブド・エッジを採用したMDF製キャビネット

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

出力音圧レベル(2.83V/1m) 88dB
許容入力 390W
周波数特性(+-3dB) 28Hz-23kHz
インピータンス 4 ohms
重量 54.3kg
外形寸法(W H D/mm) 295 x 1355 x 460
ユニット構成 1 x 28mm 1 x 15cm 2 x 24cm

特殊コーティング・ソフトドーム・トゥイーター、MSPコーン、カプトン製ボビン/アルミボイススコイル、タイムアラインド・ドライブユニット、反響制御バッフル

*仕上げ/オプションカラーは特別仕上げにつき価格が異なります。
レギュラーカラー(定価)Grey oak High gloss・Ivory oak・Walnut・White High gloss・Black High gloss
オプションカラー(定価+20%)Rosewood dark High gloss

ページトップへ