RSS
 

MoFi Electronics モーファイ・エレクトロニクス Studio Phono 2 フォノイコライザー

MoFi Electronics (モーファイ・エレクトロニクス)

1957年の創設以来オリジナル・マスターテープのリマスター作品をリリースしてきたモービル・フィデリティ・サウンドラボ(MFSL)が、自らの理想を現実のものとするハードウェア事業に進出。

MoFi Electronicsは、誠実なマスターテープの複製として作り出されるアナログレコードの素晴らしさを伝える、オリジナルのアナログ・オーディオ・システムを開発製造する会社として誕生。

そのコンセプトは世界中の優れたオーディオ・エンジニアの協力のもと、全てMFSLで設計され製造されるMade in USAであること。製品はオリジナル・マスターテープ音源でサウンド・チェックされること。そして可能な限りリーズナブルな価格設定であること。

「オリジナル・マスター・レコーディング」というキーワードを発信し続けた孤高のレーベルが生み出したMoFi ELECTRONICS。その時を待ちわびていた多くの音楽ファンに向け、今最も注目されるオーディオ・プロジェクトがスタートします。

MoFi Electronics モーファイ・エレクトロニクス Studio Phono 2 フォノイコライザー

標準価格:
49,500円(税込)
価格:

40,500円 (税込 44,550円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

商品説明

MFSLが誇るマスタリング・システムGAIN2に多くのアイディアを提供したEARのティム・デ・パラビッチーニ氏の手によるUltra Phono、Studio Phonoは、MFSLのマスタリング・エンジニアが要求するワイドレンジで透明感ある音質を再現します。パラビッチーニ氏がGAIN2マスタリング・システムに新たなチューニングを施したのは、「ビリー・ジョエル」の一連のアルバムあたりからで、リリースされたモービル盤の著しい音質向上は大きな話題になりました。その実績に繋がった多くのノウハウは、レコード盤から最初の信号増幅のステージとなるフォノ・アンプにおいても多くの成果をもたらしています。
モノラルモード、サブソニックフィルター機能を搭載するほか、背面のディップスイッチの切り替えにより、MCポジションにも対応します。

本格仕様で人気のフォノ・アンプもマイナーチェンジ リーズナブルでありながら、その本格仕様で人気だったフォノ・アンプも進化を遂げました。
Studio Phono2、Ultra Phono2ともパーツの見直しが行われ、回路基板はアップデートされています。 また置く場所を選ばないコンパクトな筐体のメリットを最大に活かせるよう、他の機器との干渉を防ぐためアース対策が施されています。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

型番              Studio Phono 2
形式              フォノイコライザー
対応方式            MM、MC
ゲイン             40dB-66dB(切替式)
THD              <.01%(MM) / <.012%(MC)
ロード・インピーダンス(MM)   47,000Ω
ロード・インピーダンス(MC)   75、100、500、1k、10k、47kΩ
主な機能            負荷切り替え、サブソニック・フィルター、モノラル・モード
サイズ             99W×32H×184Dmm
重量              0.4kg

ページトップへ