RSS
 

ortofon オルトフォン 2M Black PnP MKII MMカートリッジ ヘッドシェル付

1918年、オルトフォンはデンマーク・コペンハーゲンで誕生しました。
ortofon history 1

オルトフォンの歴史は、1918年にA.ピーターセンとA.ポールセンが創立したエレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーにその源を発します。二人は、この会社から行った史上初の本格的な音の出る映画システム“SYSTEM PETERSEN OG POULSEN”の発表で世界に名を馳せました。エレクトリカル・フォノフィルム・カンパニーは、後にフォノフィルム・インダストリーA/Sと改称され、その傘下に、1951年オルトフォンA/Sが設立されました。

「オルトフォン」の名称自体は、既にこの以前からピックアップ製品等に対するブランド名として使用されています。「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語です。オルトフォンはその名の示すとおり、終始「アナログサウンド」に関わって歩みを進めてきました。そして、自ら標語として掲げる“ACCURACY IN SOUND”の実現を一貫して追求し続けています。

ortofon オルトフォン 2M Black PnP MKII MMカートリッジ ヘッドシェル付

標準価格:
90,720円(税込)
価格:

71,890円 (税込 77,641円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

商品説明

Bronze と同じ磁気回路のボディにMC カートリッジでも最高クラスにしか使用しない最高級の無垢ダイアモンドshibata をスタイラスチップに使用し、MM カートリッジの最高級機として2M シリーズの中で最も高いトレース能力を持っています。限りなくワイドレンジへ、MM カートリッジの限界に挑戦した最高モデルとなっております。

オルトフォン2Mシリーズでは磁気回路の要となるマグネットをカンチレバーの直線上に配置、左右均一に配置されたpole pinとの距離を微妙な位置で固定、円柱状のマグネットを使用することでスタイラスチップの動きを余すところなく忠実に信号へと変換する機構になっています。このオルトフォン独自の完成されたmoving magnetの磁気回路が2Mシリーズすべてに採用されております。

オルトフォンが誇るMMカートリッジ、2Mシリーズに専用のシェルを取り付けた「PnP」がモデルチェンジにより更に使いやすくなりました。初代モデルでは短めであったフィンガー(指掛け)は長くなり、指での扱いが容易に。そしてシェル+カートリッジの自重が20gに軽量化したことで、対応するトーンアームがより幅広くなりました。端子部分を除くシェル後端から針先までの距離は、SPU同様の52mmです。また医療産業にも用いられる特殊樹脂を成形してつくられたPnP Mk?専用シェルは、カートリッジ本体を堅牢に支え、不要共振をシャットアウトします。シェル装着済みの本シリーズは、「アームに取り付け、針圧調整をするだけ」という容易なセッティングと豊富なラインナップにより、皆様のアナログライフをより身近に、そして豊かに彩ります。

※2M PnP Mk?シリーズのヘッドシェルは、リードワイヤーの交換を想定した構造ではありません。付属リードワイヤーを外さず、純正の組み合わせでご使用ください。

※写真や図版の色彩は、画面上の表示の関係で実際とは若干異なる場合がございます。また、規格・仕様・デザイン・価格の一部を予告なく変更することがありますのでご了承ください。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

出力電圧 : 5.5mV
周波数特性 : 20Hz-31,000Hz
ダイアモンド針 : Nude Shibata
カンチレバー : Aluminium
適正針圧 : 1.5g
自重 : 20g

ページトップへ