RSS
 

YBA Genesis Power6 パワーアンプ 販売価格はお問い合わせください。

YBA Genesis PH1 フォノイコライザーアンプ

澄み渡る美しい音色の理由は、YBAが誇る4つの基本にある。

YBAは1986年にパリ郊外に設立されたオーディオメーカーです。設計者は元ゴールドムンドでアンプの設計を担当していたYves-Bernard ANDRE(イブ・ベルナード・アンドレ)で、YBAのブランド名は彼のイニシャルです。YBAの設計ポリシーはSimpliment Musicalです。これは誤差率の少ないオリジナルパーツを使用することでシンプルな回路にする事を意味します。ANDREには設計の基本が4個あります。
1番目が、シンプルな回路構成です。回路に使用するパーツの誤差率が高いと裸特性が悪くなります。特性を修正する為余計な回路が必要になりサウンドの純度が損なわれます。YBAの製品にオリジナルパーツが採用されているのはその為です。
2番目は、強力な電源部です。ハイエンドモデルのSignature Powerでは、200W+200W/8Ωの出力なのに1,000VAのUI-コア電源トランスを採用し、電解コンデンサも高性能で知られるビジェイ製を24個搭載し、瞬間的な大入力にも余裕で対応できます。
3番目は、熱損失による出力低下を防ぐα動作の採用です。α動作は、出力段をAB級で、電源部をA級で動作させます。この動作で回路の温度が低く抑えられ熱によるパワー損失を防いでいます。
4番目は振動対策です。YBAの脚は必ず3本です。カメラのスタンドは3本脚でしっかり固定されます。脚と接地面に空間が生じない3本脚は、アンプやCDプレーヤーの振動を効率的に抑制出来ます。

■非磁性体で電気歪を追放
PASSIONシリーズとSignatureシリーズはシャーシやパネル、ボンネット、ビスにいたるまで非磁性体の研磨ステンレスかアルミ材を使用しています。これらの金属はスチールに比べて堅牢で耐久性があるばかりでなく、帯磁による磁気歪を発生させません。また、YBAはオリジナル主要パーツまでも非磁性体を採用するなど、細部まで神経の行き届いた設計となっています。

■パワートランジスターを低音動作させるクラスαの採用
パワートランジスターは温度が変化すれば特性も変化します。YBAはトランジスターの温度をある程度までしか上昇しない動作を採用しそれをα動作と呼んでいます。これは出力側がクラスABで動作するものですが、電源は常にクラスAで動きます。そうする事によって熱損失なしでクラスAの利点を得ることが出来ます。YBAのアンプは最大出力時でもシャーシ温度は40℃以下と低温です。

■パラドックス方式応用のブルーダイオード搭載のCDプレーヤー(パテントNO 514317)
今までCDプレーヤーの設計には、RF信号以降のDAコンバーターやジッターといった部分のクオリティ向上に大きな努力がはらわれていました。アナログでたとえるならば、ターンテーブルの回転をいかに一定にするか、いかに音の良いイコライザーを作ろうかという努力です。しかし磨耗した針や汚れた針先でレコードをトレースしてもレコードの中の情報は多く取り込めません。CDプレーヤーでも、レーザーピックアップがCDソフトの中のデジタル情報を、より多く読み込むことが重要です。そこでパレソー・エコル・ポリテクニック工科大学で、レーザーダイオードや光ファイバーの研究をしている ANDRE は、より多くの情報を取り込むために、天文学や生物学で使用されるパラドックス方式を応用しています。パラドックス方式とは、小さな振幅を大きな振幅に増大させる時ランダムノイズを加える手法です。これは天体望遠鏡にも採用されています。これをCDプレーヤーに応用すると、ブルーダイオードの光(波長390nm)を、普通の赤色レーザーがデーター読み取りをする時に加えてやれば、工学的なランダムノイズを加えたのと同じ事になります。もちろん工学的なランダムノイズは聴こえません。そうすると赤色レーザーがLSBの中にうずもれていた情報を取り出しやすくなります。
PASSIONシリーズとSignatureシリーズのCDは今まで切り捨てられていたLSBの中の情報までも読み取る事が可能となっています。

■主要パーツはカスタムメイドで
YBAのボンネットをはずすと見慣れないトランスや抵抗、コンデンサーがすぐ目につきます。これらは全てYBAのオリジナルです。誤差率1%以内の高精度抵抗はリード線も銀接続にしてあります。電源トランスは、方向圧延材を使用したC型トランスをつきあわせるという渦電流損失の極めて少ないタイプ(UIコア)を使用しています。大出力のパワーアンプに使用されるパワートランジスターも冷却リキッド入りのモトローラ製オリジナルで、このトランジスターは1個に30Aの大電流が流せます。

■真空管アンプと共通した回路設計
YBAのアンプは真空管と同じように3次や5次の奇数次の高調波がわずかしか発生しません。この奇数次の高調波は人間の耳には不快な高調波成分として働きます。YBAのサウンドが耳当たりが良いのはこの奇数次の高調波が少ないことも大きな要因です。

YBA Genesis Power6 パワーアンプ 販売価格はお問い合わせください。

標準価格:
853,200円(税込)
価格:

790,000円 (税込 853,200円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

YBA Genesis PH1 フォノイコライザーアンプ

商品説明


YBA Genesis Series
Genesis Seriesは、Passion SeriesとHeritage Seriesの中間に位置する価格帯 の製品です。 Genesis Seriesのフロントパネルは、照明が美しいアクリル板とアルミヘアーライン仕上げで 色はブラックになります。 パワーアンプのGenesis Power6は、熱損失が少ないα動作で150W+150Wの大出力です。

■YBAのロゴマークをデザインしたヒートシンク
YBA Genesis Power6 パワーアンプ
YBAのα動作は、出力段をAB級で、電源部をA級で 動作させる事で熱損失によるパワー損失を防いでいます。 熱損失が少ないので大きなヒートシンクは必要では ありません。 YBAはパワーアンプの振動の元凶1つがヒートシンクである として、さまざまな構造のヒートシンクを搭載してきました。 ヒートシンクには大別すると煙突タイプと板状タイプが あります。両方とも厚みを替える事で振動を減らしています。 Power6はYBAのロゴマークを採用する事で、2つのタイプを 1つにしました。YとAは板状タイプでBは煙突タイプです。 そして、YBAデザインの厚みは全て異なっています。 Power6にはYBAのロゴマークを採用し、厚みを変える事で 最も振動しにくいヒートシンクを搭載しています。

■UI-コアオリジナル大型電源トランスの採用
YBA Genesis Power6 パワーアンプ
EI-コアの電源トランスは漏洩磁束が少なく、振動も 少ない為オーディオアンプには理想のトランスとされて いました。しかし、巻き線の途中からコードを引き出せば 1個のトランスで複数の電圧に対応できるトライダルトランス が発売されると、単電圧にしか対応出来ないEI-コアは 少なくなりました。YBAは音の良さと正確な2次電圧を 供給する為、国にマッチしたEI-コアのトランスを採用しています。

■オリジナルパーツの採用と振動対策
YBA Genesis Power6 パワーアンプ
Genesis Pre5と同様に、Genesis Power6にもオリジナルパーツ が多く採用されています。 YBAのANDREは”良い音はシンプルな回路構成から生まれる” と言います。 誤差率の多いCRパーツを使用すると、入力波形と出力波形が 異なった増幅波形になります。 これを裸特性が悪いアンプといいます。 裸特性が悪い回路にはNFB(負帰還回路)と呼ばれる余計な 回路を付けなければなりません。 YBAは誤差率の少ないCRパーツをオリジナルで生産して搭載し シンプルな回路構成を実現しています。 また、入力ターミナルや出力ターミナルも振動をしないオリジナルの アルミ削り出しを使用しています。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

オーディオ入力 RCA 1系統 XLR 1系統
オーディオ出力 スピーカー出力 1系統
出力 150W+150W(8Ω)、250W+250W(4Ω)
全高調波歪率 0.1%以下
S/N比 95dB以上
周波数帯域 20Hz-20KHz(-0.5dB)
電源トランス UI-コア500VA リニア電源 100V仕様
寸法 W430xD402xH175(mm)
重量 21Kg

ページトップへ