RSS
 

YBA PASSION Integre IA350A プリメインアンプ 販売価格はお問い合わせください。

YBA Genesis PH1 フォノイコライザーアンプ

澄み渡る美しい音色の理由は、YBAが誇る4つの基本にある。

YBAは1986年にパリ郊外に設立されたオーディオメーカーです。設計者は元ゴールドムンドでアンプの設計を担当していたYves-Bernard ANDRE(イブ・ベルナード・アンドレ)で、YBAのブランド名は彼のイニシャルです。YBAの設計ポリシーはSimpliment Musicalです。これは誤差率の少ないオリジナルパーツを使用することでシンプルな回路にする事を意味します。ANDREには設計の基本が4個あります。
1番目が、シンプルな回路構成です。回路に使用するパーツの誤差率が高いと裸特性が悪くなります。特性を修正する為余計な回路が必要になりサウンドの純度が損なわれます。YBAの製品にオリジナルパーツが採用されているのはその為です。
2番目は、強力な電源部です。ハイエンドモデルのSignature Powerでは、200W+200W/8Ωの出力なのに1,000VAのUI-コア電源トランスを採用し、電解コンデンサも高性能で知られるビジェイ製を24個搭載し、瞬間的な大入力にも余裕で対応できます。
3番目は、熱損失による出力低下を防ぐα動作の採用です。α動作は、出力段をAB級で、電源部をA級で動作させます。この動作で回路の温度が低く抑えられ熱によるパワー損失を防いでいます。
4番目は振動対策です。YBAの脚は必ず3本です。カメラのスタンドは3本脚でしっかり固定されます。脚と接地面に空間が生じない3本脚は、アンプやCDプレーヤーの振動を効率的に抑制出来ます。

■非磁性体で電気歪を追放
PASSIONシリーズとSignatureシリーズはシャーシやパネル、ボンネット、ビスにいたるまで非磁性体の研磨ステンレスかアルミ材を使用しています。これらの金属はスチールに比べて堅牢で耐久性があるばかりでなく、帯磁による磁気歪を発生させません。また、YBAはオリジナル主要パーツまでも非磁性体を採用するなど、細部まで神経の行き届いた設計となっています。

■パワートランジスターを低音動作させるクラスαの採用
パワートランジスターは温度が変化すれば特性も変化します。YBAはトランジスターの温度をある程度までしか上昇しない動作を採用しそれをα動作と呼んでいます。これは出力側がクラスABで動作するものですが、電源は常にクラスAで動きます。そうする事によって熱損失なしでクラスAの利点を得ることが出来ます。YBAのアンプは最大出力時でもシャーシ温度は40℃以下と低温です。

■パラドックス方式応用のブルーダイオード搭載のCDプレーヤー(パテントNO 514317)
今までCDプレーヤーの設計には、RF信号以降のDAコンバーターやジッターといった部分のクオリティ向上に大きな努力がはらわれていました。アナログでたとえるならば、ターンテーブルの回転をいかに一定にするか、いかに音の良いイコライザーを作ろうかという努力です。しかし磨耗した針や汚れた針先でレコードをトレースしてもレコードの中の情報は多く取り込めません。CDプレーヤーでも、レーザーピックアップがCDソフトの中のデジタル情報を、より多く読み込むことが重要です。そこでパレソー・エコル・ポリテクニック工科大学で、レーザーダイオードや光ファイバーの研究をしている ANDRE は、より多くの情報を取り込むために、天文学や生物学で使用されるパラドックス方式を応用しています。パラドックス方式とは、小さな振幅を大きな振幅に増大させる時ランダムノイズを加える手法です。これは天体望遠鏡にも採用されています。これをCDプレーヤーに応用すると、ブルーダイオードの光(波長390nm)を、普通の赤色レーザーがデーター読み取りをする時に加えてやれば、工学的なランダムノイズを加えたのと同じ事になります。もちろん工学的なランダムノイズは聴こえません。そうすると赤色レーザーがLSBの中にうずもれていた情報を取り出しやすくなります。
PASSIONシリーズとSignatureシリーズのCDは今まで切り捨てられていたLSBの中の情報までも読み取る事が可能となっています。

■主要パーツはカスタムメイドで
YBAのボンネットをはずすと見慣れないトランスや抵抗、コンデンサーがすぐ目につきます。これらは全てYBAのオリジナルです。誤差率1%以内の高精度抵抗はリード線も銀接続にしてあります。電源トランスは、方向圧延材を使用したC型トランスをつきあわせるという渦電流損失の極めて少ないタイプ(UIコア)を使用しています。大出力のパワーアンプに使用されるパワートランジスターも冷却リキッド入りのモトローラ製オリジナルで、このトランジスターは1個に30Aの大電流が流せます。

■真空管アンプと共通した回路設計
YBAのアンプは真空管と同じように3次や5次の奇数次の高調波がわずかしか発生しません。この奇数次の高調波は人間の耳には不快な高調波成分として働きます。YBAのサウンドが耳当たりが良いのはこの奇数次の高調波が少ないことも大きな要因です。

YBA PASSION Integre IA350A プリメインアンプ 販売価格はお問い合わせください。

標準価格:
1,058,400円(税込)
価格:

980,000円 (税込 1,058,400円)

購入数:

この商品はお取り寄せになります

在庫

購入

お取り寄せを希望

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

YBA PASSION PH150 Phono Amplifier フォノイコライザー

商品説明


YBA PASSION Series
YBAは1986年にフランスのパリ郊外に設立されたオーディオメーカーです。 設計者はYves Bernard ANDRE(イヴ ベルナルドアンドレー)でYBAのブランド名は彼の頭文字です。 ANDREはゴールドムンドの設計者としても良く知られています。彼は現在パリの パレソー・エコル・ポリテクニック工科大学のレーザーダイオードの教授として教鞭をとっています。 ANDREが設立した翌年に発表したのがYBA Integre MMというフォノモジュール付プリメインアンプでした。 これは電源をAクラスで出力段をABクラスで動作させるものでYBAではこれをα動作と呼んでいます。α動作は熱損失なしでクラスAの利点を得る事ができシャーシ温度も低く抑えられます。 又、誤差率1%のオリジナル抵抗やコンデンサーにより特性を補正するNFBも20dB以下に抑えています。 YBAではこのシリーズをクラシックシリーズと呼び20年間生産しました。このシリーズは技術と音質が認められアメリカのコンシュマーレポート誌など欧米の多くの賞を受けています。その後クラシックシリーズのパーツの中からさらに厳選されたパーツと大型オリジナル電源トランスを採用したPASSIONシリーズが誕生しました。

PASSION Integreは10年目で第3世代になり大きな変更が施されました。 まずフォノモジュールが無くなり24/192KHzのアップサンプリングDACが搭載されました。 出力も100W+100Wから115W+115Wにパワーアップされました。 それに伴いツインの電源トランスも大型のCIコアになりました。 そして3モデルのラインをを1モデルに集約することで低価格を実現しました。 PASSION IA350もYBA独自のα動作です。この動作は出力段をクラスABで動作させますが 電源はクラスAで動作させます。これにより熱損失による出力低下を防止します。 IA350にはI2S.AES/EBU.Coaxial.USB.iPodのデジタル入力を持つDACが搭載されています。 このDACは5種類のデジタル入力を自動的に24bit/192KHzにアップサンプリングします。 IA350には2つの便利な機能が付いています。1つはボリュウムメモリー機能です。 通常使用する音量を記憶出来ます。2つめはプリアウト機能です。 スーパーウーハーやパワーアンプの追加に便利です。 さらにフロントパネルの照明も暗くしたり消したりできます。 マイナーチェンジされたPassion Integre IA350Aには、リアにDigital ON/OFFスイッチが 付いています。スイッチをOFFにするとデジタル回路の電源が停止します。この機能により、新しいIA350Aは、DACから発生する僅かなデジタルノイズも無くなり、アナログ再生時は、普通のラインアンプと同じになります。

>> 送料・手数料についての詳細はこちら

仕様

スピーカー接続端子 1 系統
プリ出力端子 RCA 1 系統
デジタル出力端子 RCA 1 系統
アナログ入力 RCA 2系統 XLR2 系統(Pin-2 Hot)
デジタル入力 5 系統 (I2S AES/EBU Coaxial USB iPod)
定格出力 115W+115W/8Ω 160W+160W/4Ω
S/N比 95dB以上
周波数帯域 20Hz〜20kHz(-0.5dB)
全高調波歪率 0.03%以下
定格消費電力 25VA
電源トランス CIコアタイプ 大型2個使用
外装仕上げ アルミブラシ仕上げ
寸法 W430xD410xH118(mm)
重量 15.4Kg
リモコン付属

ページトップへ